Monday, 25 October 2010

‘Routes of Being’ Concept by Satoshi Date in English / 日本語


‘Routes of Being’
Satoshi Date
Concept

Life paths are only created in the past; hindsight maps the steps that were taken forwards. Future life paths can only be predictable for those controlled by the bondage of a system; by following the beaten track. If you think you know your destiny you may just follow steps to that eventuality, but where is the fun in that? You would likely be missing out on countless amazing experiences that you could have claimed.
If the mind remains free from the constraints of our society’s limitations and control, the spirit can roam freely beyond the boundaries imposed by others and embraced by the masses. Operating outside of the safety net can pose many difficulties with regard to being accepted by society but it also welcomes a plethora of fresh and exciting possibilities and opportunities.
Liberation of the self from the inevitability of fate is the only way to do this. Your life path is our life path. If you create your own choice you are also contributing to where we are going. You probably think that your future pathway lies somewhere along roads already traveled but if you build your own chosen pathway you can create your own future and new roads for others to follow, or inspire them to form their own. There are no restrictions if infinite possible pathways for the future are created.

Fashion Show

A contemporary & conceptual look at how life paths interweave and the influence and exchange of one human to another. Exploring positive, negative and neutral characteristics and visualizing the notions of love, friendship, joy and conflict.
The garments will transform as models interact when their paths meet.
Challenging peoples' perceptions about their own futures and their influence on the fortunes of others and offering them the possibility of choosing their own destiny as opposed to resigning themselves to fate's inevitable course.

--------------------------------------------------------------------------------------------

ルーツ・オブ・ビーング (Routes of Being)
無数の可能性を築き上げる人生の道
Satoshi Date (サトシ・ダテ) 
コンセプト

人生の道は過去を振り返る時のみ確認する事ができ、これらは足跡が残した後知恵の地図に過ぎない。未来に続く道は既に形成されている、そして他者によってすでに踏みならされ統括されている道を歩もうとする場合にのみ予測が可能である。もし自分の運命を知っていると思うのならば、これからの行動は単純に決められた終焉へと続くステップに従って歩いているだけだといえるだろう。しかし、そのどこに楽しみを見いだせようか? 経験できたであろう無数の貴重な体験を見逃してしまっているだろう。
精神が我々の社会における制限や制御といった縛り付けから離れさせ、自由な肯定的な発想を展開することにより、無数の可能性が広がり、他者から愛され、運にめぐられ、信じる方向へと導かれるだろう。セーフティネットの外側で活動することは多くの困難をもたらす可能性がある。だが同時に様々な新鮮で刺激的な可能性や機会を招きいれるだろう。
安定を求め、定められた人生から抜け出し、自分の人生をつくり上げてゆくための唯一の手段である。
自分の人生の道は世界の人々の道でもある。自分自身が自らの選択を創造するのならば、それは、他の人の道にも携わっているということである。未来の道はすでに目の前に作りあげられていると考えるかもしれない。けれども自分自身の選択により道を築き上げ、新たな未来を開けば、その後に続く人達のために新しい道を創造し、また彼らの独自の道をインスパイアすることができる。未来への無限に可能な道が創造されたならば、もはや制限や縛りは消滅する。

ファッションショーのコンセプト及びパフォーマンス

コンセプチュアルな服は、どのように人生の道が他者から他者へ織り込まれ、影響しあい、そして交換されるのか、ということを表現し、色やテキスチャーはポジティブ、ネガティブ、そして中性的な特性を探求しつつ、愛、友情、楽しみ、そして対立といった概念を目に感じさせます。衣服はモデル達がすれ違い、出会うたびに互いに影響しあうパフォーマンスが展開されます。中心となるコンセプトには、自らの行動が他者の未来への影響するということ、不可避な運命へと自らを投げ出してしまわぬように、人々の自身の未来へ対する認識、他者の未来への影響に対する挑戦というコンセプトのもとデザインされた作品です。


Image : Distance and procedure of life - create the life path by own feet.
Date: 5th sept 2010
by Satoshi Date

Tuesday, 19 October 2010